プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

美味しいものとお酒が好きでこの職業に就きました
ブログは日々徒然、出会った美味しいものを書いていこうと思います

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

素材/食材 Feed

2011年3月24日 (木)

フランスから届きました

フランスはジュラ地方から届いた豚さんの足1本pig
生ハムですsign03

のびのび大自然の中で科学飼料を一切使わず育てられた豚さんの生ハム
美味しくないわけがないsign03sign03

なめらかな脂を切り取っった先には綺麗な赤身が見えます。
うす~くシェフの技をもって切り取ると綺麗な桜色restaurant

シャンパンに合わせてもよし、軽めの赤ワインに合わせてもよしbar
非常に美味しいです。

最初に切り取った脂の部分をじっくりお湯にかけてとったお出汁で作るリゾットもまたいいですよlovely

この生ハム数量限定ですsign03
お早めにどうぞhorse

2010年9月14日 (火)

出来たて!!

アンルベルのデザートは全てシェフの手作りですcake
downwardrightこのメレンゲもお店で勿論作ってますnotes

デザートの端っこにちょこんと付いてる脇役ですが、ファンも多いのです。
さっくりしたメレンゲと中に入ってるクルミの歯ごたえがいいアクセントになってます。

シェフ曰く、今回のメレンゲは特にうまくできたらしいですよhappy02


2010年9月 9日 (木)

秋の気配?

昨日の台風は大変でしたねtyphoon
アンルベルのある銀座は水没こそしなかったもののやっぱり水浸しになっていましたrain

今日は曇りがちだったせいもあるのかちょっと涼しく過ごしやすいですね
まだまだ暑いけど秋なのかな~と思いますmaple

すこーし夜は夏物だと肌寒い日はあったかいオニオングラタンスープなんていかがでしょう

大きめの玉ねぎ6個をじっくり


じっくり

炒めてオニオングラタンスープのもとを作ります


生の状態ではいっぱいあったのに最終的にはこんな少しに・・・・

これをコンソメで延ばして、器にもって、パンを入れて、チーズをたっぷり入れて、
焼き上げるとオニオングラタンスープにsign01

完成品はまだ出来あがってないので
写真はありませんが、絶対美味しいこと間違いなしsign03

ちょっとあったかい物が欲しい時はアンルベルへどうぞhappy02

2010年6月16日 (水)

煮込んでます

ワインサロン アンルベルのトーマです!
本日非常に蒸し暑い中、アンルベルの厨房では暑さにも負けずブイヤベースの仕込みをしています

大鍋の中で煮えているのはオマール海老をはじめとしたそのままで食べても惜しい魚介たちfishcancerfish

じっくり煮込んだ後、殻をしっかりすりつぶして裏ごししを繰り返して美味しいブイヤベースに仕立てていきます

このブイヤベースにシェフ秘伝sign02のスパイスを入れてさらに煮込むとアンルベルでも人気の高いアンルベルカレーが出来上がるそうです
でも、詳しい作り方はngとのこと・・・・
味の秘密が知りたい方は是非食べに来て下さいね

2010年5月20日 (木)

久しぶりのブログです

この頃中々お目にかかれない食材をシェフが持ってきました


←この葉っぱなんの葉っぱかわかりますかsign02

このまま食べても食べられますが、さっと素揚げにしたり和食のお店では天ぷらにして食べるそうです
かなり柔らかい葉っぱなので美味しく揚げるのは難しそうですcoldsweats02


正体はこちら→
ニンジンの葉っぱです

黒沢シェフはそのまま彩として使っていました

その他にも岩手から美味しい蕗の薹やタラの芽など山菜も届いています

この蕗の薹を使ったパスタは一押しですsign03sign03
運が良ければ生シラスが一緒に入る日もあるかも・・・sign02

銀座 G.G(ジージー) のサービス一覧

銀座 G.G(ジージー)